FC2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --時--分 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

【保ビ研メール】MML-730号

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【保ビ研メール】MML-730号 「保ビ研WEB」→ http://www.hobiken.co.jp
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
===保険セールスの支援サイト[保ビ研WEB]の総合案内メール===
[保ビ研WEB]の最新情報をお知らせしています

《お知らせ》

【保ビ研レポート】【保ビ研シート】【保ビ研エッセイ】がブログ上から、ダウンロードまたはコピーできます。ご活用下さい。(※無料対象は「使用権A」のみです)

■【保ビ研レポート】
 → http://hobikenreport.blog110.fc2.com/blog-entry-24.html
■【保ビ研シート】
 → http://hobiken8.blog10.fc2.com/blog-entry-24.html
■【保ビ研エッセイ】
 → http://hobiken9.blog82.fc2.com/blog-entry-24.html
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●Blog「ユーザーの声」情報 →< http://woodscare.blog69.fc2.com/ >

保障の必要性が書かれた【保ビ研シート】【保ビ研エッセイ】を実際に読まれた一般のお客さまの様々な「声」を掲載しています。


☆★☆ 記事の紹介 ☆★☆


エッセイ「僕は保険での貯蓄が気に入っている」E1B-0019
http://woodscare.blog69.fc2.com/blog-entry-128.html

●ユーザーの声[2]:(44才、女性、自営業の妻、会社員、子供14才、9才)

子どもが1才の時に、貯金も兼ねて10年満期の共済に加入しました。何事もなく過ぎ、満期近くになりビックリです。月々8千円もしない掛金でしたが10年後の満期金は100万円でした。掛けている間に「お金」「貯金」という感覚が薄れて満期を迎えたので、このエッセイの通りだと思います。保険でお金を借りたことはありませんが、確かに貯金を崩して何かをしても新たに貯金を始めることはしないように思います。その時お金がないからです。でも借りたものを返すことはすると思いました。

 他を読む→ http://woodscare.blog69.fc2.com/blog-entry-128.html


■管理者の感想

「保険で貯金」という感覚はないお客さまも多いと思います。けれど、生命保険には保障性と貯蓄性を兼ね備えた商品もあり、長期の貯金を考えている人や、掛け捨ての保険に抵抗のある人などには、お勧めの商品だと思います。短期の貯金では、利率で比べてしまうと銀行などの商品には負けてしまうかもしれません。けれど長期的な貯金なら、このエッセイに出てくるようなメリットがたくさんあります。このお客様のように貯金している感覚がないために「気がついたら貯まっていた」という驚きや楽しみもでてきたりします。
このエッセイで、「保険での貯金もありかな…」と関心を持ってもらえると思いました。


 他のユーザーの声を読む
 → http://woodscare.blog69.fc2.com/blog-entry-128.html


※この【保ビ研エッセイ】は、下記より無料でダウンロードできます。どうぞご利用下さい。
 → http://hobiken9.blog82.fc2.com/blog-entry-20.html


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●Blog「毎日の保険セールスに役立つレポート紹介」情報
 →< http://hobigkondo.blog58.fc2.com/ >

保険ビジネス研究所のコンテンツである【保ビ研レポート】を「どんな方」が「どんなとき」に読めば、「どんな状態・悩み」を解決することができるのか、という視点でご紹介します。


☆★☆ 記事の紹介 ☆★☆

「TVや大衆雑誌の『特集』を活用する」R1H-0112
 → http://hobigkondo.blog58.fc2.com/blog-entry-109.html


●こんなことで悩むことはありませんか?

 □お客さまに「さすが保険のプロだね」と感心されることがあまりない。
 □お客さまへのアプローチトークをあまり持っていない。
 □お客さまが保険についてどれくらいわかっているのかが理解できな い。
 □セールストークを作るのが苦手だ。

(解決する)→ http://hobigkondo.blog58.fc2.com/blog-entry-109.html

◆どんな業界であれ「プロ」と言われる人はすごいと思います。プロという響きからは、甘えの許されない厳しさや責任の伴う行動が想像されます。そのため、お客さまも何かモノを買うときには、「どうせお金を払うのなら、専門家(=プロ)から買いたい」という気持ちが働くようです。お客さまに「保険のプロだな」と思わせることができたら、商談もスムーズに運ぶことでしょう。


(続きを読む)→ http://hobigkondo.blog58.fc2.com/blog-entry-109.html



※この保ビ研レポートを全文掲載しています。どうぞご利用下さい。
 → http://hobikenreport.blog110.fc2.com/blog-entry-106.html



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★「保ビ研メール」に関するご意見ご感想、その他お問合せは以下のアドレスへ
 mailto:info2@hobiken.co.jp
───────────────────────────────────
《発行》保険ビジネス研究所 TEL.050-7501-2718 (平日9:00-17:00)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

| 未分類 | 15時03分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑















非公開コメント

http://hobiken17.blog21.fc2.com/tb.php/187-1bd9bdf9

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。