FC2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --時--分 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

【保ビ研メール】MML-714号

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【保ビ研メール】MML-714号 「保ビ研WEB」→ http://www.hobiken.co.jp
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
===保険セールスの支援サイト[保ビ研WEB]の総合案内メール===
[保ビ研WEB]の最新情報をお知らせしています

《お知らせ》
【保ビ研レポート】【保ビ研シート】【保ビ研エッセイ】がブログ上から、ダウンロードまたはコピーできます。ご活用下さい。(※無料対象は「使用権A」のみです)

■【保ビ研レポート】
 → http://hobikenreport.blog110.fc2.com/blog-entry-23.html
■【保ビ研シート】
 → http://hobiken8.blog10.fc2.com/blog-entry-23.html
■【保ビ研エッセイ】
 → http://hobiken9.blog82.fc2.com/blog-entry-23.html
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●Blog「ユーザーの声」情報 →< http://woodscare.blog69.fc2.com/ >

保障の必要性が書かれた【保ビ研シート】【保ビ研エッセイ】を実際に読まれた一般のお客さまの様々な「声」を掲載しています。


☆★☆ 記事の紹介 ☆★☆


エッセイ「妻の保険金が生きている」E1B-0029
 → http://woodscare.blog69.fc2.com/blog-entry-136.html

●ユーザーの声[1]:(30才、女性、自営業者の妻、専業主婦、子供5才)

最愛の人を亡くして、心の悲しみを埋めるのにはやはり、残された家族同士が支えあっていくのが一番の励ましになるんだな~と思いました。このエッセイを読んでいてわが身に置き換えて考えました。私が子供や主人を残して死んでしまったら・・・心の悲しみはもちろんですが、やはり主人や周りの家族に負担をかけずに、安心して子供をお願いする為の経済的な心配を考える様になりました。いつ何が起こるか、先のことは誰にも予測できません。妻も、最愛の家族のためにできる限りの金額を残せる保険に入るべきだな~と実感しました。


■管理者の感想

このお客様はエッセイを通じて、妻である自分にも死亡保障が必要なのだと実感されたようです。
「女性だから…」「専業主婦だから…」とそれほど保障は必要ないと考えている人も多いと思います。けれど、女性にも必要な保障はあるのです。
ほとんどのご家庭が、収入面で家族を支えているのは父親ですが、生活面や精神面で大きな支えとなっているのは母親なのだと思います。その母親に万が一のことがあったら、家庭が機能していかなくなります。父親が仕事をしながら慣れない家事や育児をこなすことは大変なことだと思います。母親が保障を準備しておけば、このエッセイのように保険金を役立てることもできます。
家族のために妻も「医療保障」や「死亡保障」を準備する必要があることをこのエッセイで伝えられると思いました。


 このシートに対するその他のユーザーの声を見る
 → http://woodscare.blog69.fc2.com/blog-entry-136.html


※この【保ビ研エッセイ】は、下記より無料でダウンロードできます。どうぞご利用下さい。
 → http://hobiken9.blog82.fc2.com/blog-entry-31.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●Blog「毎日の保険セールスに役立つレポート紹介」情報
 →< http://hobigkondo.blog58.fc2.com/ >

保険ビジネス研究所のコンテンツである【保ビ研レポート】を「どんな方」が「どんなとき」に読めば、「どんな状態・悩み」を解決することができるのか、という視点でご紹介します。

☆★☆ 記事の紹介 ☆★☆

「年間活動計画/7月の活動ポイント」R1J-0143
 → http://hobigkondo.blog58.fc2.com/blog-entry-114.html
 
●こんなことで悩むことはありませんか?

 □この時期は他社と競合して契約を逃すことが多い。
 □重要販売月なので、クロージングの回数が多い分だけ断りも多い。
 □いつもより大きい目標のためにクロージングの数が増えて精神的にしんどい。
 □クロージングが下手だなと落ち込むことが多い。


(解決する)→ http://hobigkondo.blog58.fc2.com/blog-entry-114.html


◆保険セールスで、効果的な年間活動計画を立てるためには、月ごとに重点を置いて活動すると良いそうです。そう考えた場合、7月は「クロージング力を磨く月」と位置付けると良い結果に結びつくかもしれません。
7月は、多くの保険会社が重要販売月にしています。ですから、多くの人が保険の提案を受けて、検討しています。もし、自分の会社が重要販売月でないとしても、自分のお客さまのところに他社の担当者がアプローチしているかもしれません。

(続きを読む)→ http://hobigkondo.blog58.fc2.com/blog-entry-114.html


※この保ビ研レポートを全文掲載しています。どうぞご利用下さい。
 → http://hobikenreport.blog110.fc2.com/blog-entry-159.html

  
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★「保ビ研メール」に関するご意見ご感想、その他お問合せは以下のアドレスへ
 mailto:info2@hobiken.co.jp
───────────────────────────────────
《発行》保険ビジネス研究所 TEL.050-7501-2718 (平日9:00-17:00)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━




| 未分類 | 10時00分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑















非公開コメント

http://hobiken17.blog21.fc2.com/tb.php/171-dfa61841

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。