PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --時--分 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

【保ビ研メール】MML-711号

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【保ビ研メール】MML-711号 「保ビ研WEB」→ http://www.hobiken.co.jp
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
===保険セールスの支援サイト[保ビ研WEB]の総合案内メール===
[保ビ研WEB]の最新情報をお知らせしています

《お知らせ》
【保ビ研レポート】【保ビ研シート】【保ビ研エッセイ】がブログ上から、ダウンロードまたはコピーできます。ご活用下さい。(※無料対象は「使用権A」のみです)

■【保ビ研レポート】
 → http://hobikenreport.blog110.fc2.com/blog-entry-23.html
■【保ビ研シート】
 → http://hobiken8.blog10.fc2.com/blog-entry-23.html
■【保ビ研エッセイ】
 → http://hobiken9.blog82.fc2.com/blog-entry-23.html
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●Blog「ユーザーの声」情報 →< http://woodscare.blog69.fc2.com/ >

保障の必要性が書かれた【保ビ研シート】【保ビ研エッセイ】を実際に読まれた一般のお客さまの様々な「声」を掲載しています。


☆★☆ 記事の紹介 ☆★☆


「少子化と高齢化の両方が進んでいます」S1H-0066
 → http://woodscare.blog69.fc2.com/blog-entry-11.html

●ユーザーの声[1]:(39才、女性、会社員の妻、専業主婦、子供7才)

現在の少子・高齢化を考えると、将来の公的年金はあてにしない方がいい、個人年金など自分の力で補うしかないと考えていました。このシートは少子・高齢化によって公的年金がどうなるか、だからどうしたらいいか、ということがとてもわかりやすく表現されていると思います。「個人年金で自助努力をしましょう!」「個人年金は少子・高齢化の影響は受けない」「不足分は自分で準備を」という言葉に説得力がありました。改めて、個人年金など将来の資金について考えてみようと思います。


■管理者の感想

「少子・高齢化」問題で老後に不安を感じている人は多く関心は高いです。「公的年金のしくみ」や「今後の予測」を数字や絵で見せることにより、さらに理解も深まり、より身近に感じてもらえると思いました。
このシートに加えてS1H-0068「世帯の年収別に見た夫婦2人の必要生活費」等に書かれている老後にかかる具体的な必要生活資金を見てもらうことで「自分の場合はどれくらい必要だろうか」と考えるきっかけにもなりより効果的だと思いました。


 このシートに対するその他のユーザーの声を見る
 → http://woodscare.blog69.fc2.com/blog-entry-11.html


※この【保ビ研シート】は、下記より無料でダウンロードできます。どうぞご利用下さい。
 → http://hobiken8.blog10.fc2.com/blog-entry-65.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●Blog「毎日の保険セールスに役立つレポート紹介」情報
 →< http://hobigkondo.blog58.fc2.com/ >

保険ビジネス研究所のコンテンツである【保ビ研レポート】を「どんな方」が「どんなとき」に読めば、「どんな状態・悩み」を解決することができるのか、という視点でご紹介します。

☆★☆ 記事の紹介 ☆★☆

「顧客管理の3つのポイント」R1H-0088
 → http://hobigkondo.blog58.fc2.com/blog-entry-22.html
 
●こんなことで悩むことはありませんか?

 □1件加入のお客さまが多い。
 □知らないうちにお客さまの住所や連絡先が変わっている。
 □自分のお客さまのところに他社のセールス担当者が通っている。
 □お客さまのプライベートな情報をほとんど知らない。

(解決する)→ http://hobigkondo.blog58.fc2.com/blog-entry-22.html


◆世の中が好景気で人口がどんどん増えている時代には、生命保険も新規、新規で実績を作れていましたが、今のように人口が減りはじめ、社会の不況が長引くような時代には、新規の獲得がどうしても難しくなります。そのため、自分のお客さまに「保障見直し」や「追加加入」を提案することが増えると思います。また、「紹介」していただく活動も重要になります。こうした保障見直しや追加加入、紹介などのためには、今まで以上に「顧客管理」が大切になってきます。

(続きを読む)→ http://hobigkondo.blog58.fc2.com/blog-entry-22.html


※この保ビ研レポートを全文掲載しています。どうぞご利用下さい。
 → http://hobikenreport.blog110.fc2.com/blog-entry-82.html

  
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★「保ビ研メール」に関するご意見ご感想、その他お問合せは以下のアドレスへ
 mailto:info2@hobiken.co.jp
───────────────────────────────────
《発行》保険ビジネス研究所 TEL.050-7501-2718 (平日9:00-17:00)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━




| 未分類 | 10時56分 | comments:0 | trackbacks:1 | TOP↑















非公開コメント

http://hobiken17.blog21.fc2.com/tb.php/168-c2e26271

生命保険 見直し 無料セミナー

【保ビ研メール】MML-711号 世の中が好景気で人口がどんどん増えている時代には、生命保険も新規、新規で実績を作れていましたが、今のように人口が減りはじめ、社会の不況が長引くような時代には、新規の獲得がどうしても難しくなります。そのため、自分のお客さまに「?...

| 生命保険見直し相談事務所 | 2009/06/15 19:57 |

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。