FC2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --時--分 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

【保ビ研メール】MML-708号

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【保ビ研メール】MML-708号 「保ビ研WEB」→ http://www.hobiken.co.jp
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
===保険セールスの支援サイト[保ビ研WEB]の総合案内メール===
[保ビ研WEB]の最新情報をお知らせしています

《お知らせ》
【保ビ研レポート】【保ビ研シート】【保ビ研エッセイ】がブログ上から、ダウンロードまたはコピーできます。ご活用下さい。(※無料対象は「使用権A」のみです)

■【保ビ研レポート】
 → http://hobikenreport.blog110.fc2.com/blog-entry-23.html
■【保ビ研シート】
 → http://hobiken8.blog10.fc2.com/blog-entry-23.html
■【保ビ研エッセイ】
 → http://hobiken9.blog82.fc2.com/blog-entry-23.html
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●Blog「ユーザーの声」情報 →< http://woodscare.blog69.fc2.com/ >

保障の必要性が書かれた【保ビ研シート】【保ビ研エッセイ】を実際に読まれた一般のお客さまの様々な「声」を掲載しています。


☆★☆ 記事の紹介 ☆★☆


「生前給付型の医療特約」S1G-0012
 → http://woodscare.blog69.fc2.com/blog-entry-39.html

●ユーザーの声[4]:(39才、女性、会社員の妻、専業主婦、子供7才)

家族に残すよりも、「いざという時に使える費用の方が大切」と考えていたので、とてもタイムリーな話題でした。生命保険は死んだ時のものと思っていたので、「生命保険は生きるためにも使えるようになってきています」という言葉はとても新鮮でした。「生前給付型の特約」の例を見ると、当たり前ですが「余命6ヶ月、三大疾病、所定の障害状態」と制約があります。保険会社から見るととんでもないことでしょうけれど、いつ、どんな病気になるかはわからないので、病名にかかわらず入院・通院費に使えるオールマイティーな給付金があるといいな、と思います。


■管理者の感想

オールマイティーに給付される保険には、「病気やケガで入院したときに、日額○○円支給される」という、いわゆる一般的な医療特約があります。どんな病気やケガでも入院したら支払われるのですから安心です。ただ、「盲腸」で入院しても「ガン」で入院しても同額の支給額となります。盲腸なら手術後、短い入院で済み治療費もそれほどかからないので、医療特約で十分カバーできます。けれども、「ガン」となるとそうはいきません。手術や入退院を繰り返すことで治療費がかかり、健康保険の適用外の治療を受けるとなるとますます費用がかさみます。「ガン、脳卒中、心筋梗塞」など、死亡率が高く、治療期間がかかり医療費が高額になってしまう病気には、それらを重点的に保障する保険を準備することで安心できます。
オールマイティーに保障する「医療特約」と、特定の病気を重点的に保障する「三大疾病特約」や「ガン保険」などの保障を組み合わせることで、充実した保障内容を準備できることを、お客様にもっと伝えていかなければと思いました。

 このシートに対するその他のユーザーの声を見る
 → http://woodscare.blog69.fc2.com/blog-entry-39.html


※この【保ビ研シート】は、下記より無料でダウンロードできます。どうぞご利用下さい。
 → http://hobiken8.blog10.fc2.com/blog-entry-13.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●Blog「毎日の保険セールスに役立つレポート紹介」情報
 →< http://hobigkondo.blog58.fc2.com/ >

保険ビジネス研究所のコンテンツである【保ビ研レポート】を「どんな方」が「どんなとき」に読めば、「どんな状態・悩み」を解決することができるのか、という視点でご紹介します。

☆★☆ 記事の紹介 ☆★☆

「内側の情報を知る方法」R1H-0074
 → http://hobigkondo.blog58.fc2.com/blog-entry-24.html
 
●こんなことで悩むことはありませんか?

 □自分のセールストークは決め手にかけると思う。
 □プランニングは得意だが、セールストークを作るのは苦手だ。
 □提案の際にお客さまがあまり興味を持ってくれない。
 □お客さまの真意(考えていること)がつかめない。
 □型どおりの情報収集しかできない(情報収集が苦手)。


(解決する)→ http://hobigkondo.blog58.fc2.com/blog-entry-24.html

◆保険に限らず、セールスでは「お客さまの立場に立って話す」ことが大切だといわれています。セールス担当者は「売り手」で、お客さまは「買い手」ですから、「売り手」の論理でセールスされるとお客さまは警戒し、嫌悪感すら持つこともあるようです。反対に、セールス担当者が「買い手側」の立場に立って、お客さまと同じ気持ちになって話をすると、お客さまは心を開いて話を聞いてくれるそうです。

(続きを読む)→ http://hobigkondo.blog58.fc2.com/blog-entry-24.html


※この保ビ研レポートを全文掲載しています。どうぞご利用下さい。
 → http://hobikenreport.blog110.fc2.com/blog-entry-68.html

  
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★「保ビ研メール」に関するご意見ご感想、その他お問合せは以下のアドレスへ
 mailto:info2@hobiken.co.jp
───────────────────────────────────
《発行》保険ビジネス研究所 TEL.050-7501-2718 (平日9:00-17:00)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━




| 未分類 | 13時16分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑















非公開コメント

http://hobiken17.blog21.fc2.com/tb.php/165-a9d63266

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。