PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --時--分 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

【保ビ研メール】MMK-655号

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【保ビ研メール】MMK-655号 「保ビ研WEB」→ http://www.hobiken.co.jp
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
===保険セールスの支援サイト[保ビ研WEB]の総合案内メール===
[保ビ研WEB]の最新情報をお知らせしています

《お知らせ》
【保ビ研レポート】【保ビ研シート】【保ビ研エッセイ】がブログ上から、ダウンロードまたはコピーできるようになります。ご活用下さい。(※無料対象は「使用権A」のみです)

■【保ビ研レポート】
 → http://hobikenreport.blog110.fc2.com/blog-entry-18.html
■【保ビ研シート】
 → http://hobiken8.blog10.fc2.com/blog-entry-18.html
■【保ビ研エッセイ】
 → http://hobiken9.blog82.fc2.com/blog-entry-19.html
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●本日アップされる無料データ 

・【保ビ研レポート】

 「話法:50代の方へ、末子が就職したら金融資産の整理をお勧めします」R1J-0165
 → http://hobikenreport.blog110.fc2.com/blog-entry-153.html


このレポートでは「50代で末子が就職した方に金融資産の整理を勧める」話法例をご紹介しています。

●末の子の就職は、親の人生の大転機です
人生設計の考え方に、人生を次のように4つのステージに分ける考え方があります。
まず、第1ステージは、親の子供として生まれ、親に育ててもらう時期です。
次の、第2ステージは、就職をして自分の給料で自分の生活を支え、その後、結婚し子供を持ったら、自分の給料で家族を支える時期です。
そして、第3ステージは、その子供が就職して、子供は自分の給料で食べていけるようになったので、子供の扶養が終わり、自分の人生を生きることができる時期です。
続く、第4ステージは、年とともに体が弱り自分のことを自分でできなくなったり、または大病をして寝たきりになってしまう、つまり介護状態になり、誰かに面倒をみてもらう時期です。


 「話法:50代の方へ、末子が就職したら金融資産の整理をお勧めします」R1J-0165の全文を読む
 → http://hobikenreport.blog110.fc2.com/blog-entry-153.html
 
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●Blog「ユーザーの声」情報 →< http://woodscare.blog69.fc2.com/ >

保障の必要性が書かれた【保ビ研シート】【保ビ研エッセイ】を実際に読まれた一般のお客さまの様々な「声」を掲載しています。

☆★☆ 記事の紹介 ☆★☆

 【年齢階層別の死亡率】S1G-0022
 → http://woodscare.blog69.fc2.com/blog-entry-50.html
 
●ユーザーの声[4]:(43才、女性、会社員の妻、派遣社員、子供なし)

表にあるように70歳以降ぐんぐんと死亡率が上がっています。ところが高齢になれば保険に加入できにくくなるし、掛け金も高額になってしまうのが現状です。多くの方は若いうち少なくとも30代になる前にはたいてい生命保険に加入していると思います。私も就職と同時期に加入しました。母の友人が外交員だったので言われるがまま入りました。若い時の掛金は少なくて丁度良かっ(続きを読む)


※この【保ビ研シート】は、下記より無料でダウンロードできます。どうぞご利用下さい。
 → http://hobiken8.blog10.fc2.com/blog-entry-23.html
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●Blog「毎日の保険セールスに役立つレポート紹介」情報
 →< http://hobigkondo.blog58.fc2.com/ >

保険ビジネス研究所のコンテンツである【保ビ研レポート】を「どんな方」が「どんなとき」に読めば、「どんな状態・悩み」を解決することができるのか、という視点でご紹介します。

☆★☆ 記事の紹介 ☆★☆

【断りに対する対応話法】R1H‐0073
 → http://hobigkondo.blog58.fc2.com/blog-entry-13.html
 
●こんなことで悩むことはありませんか?
 □ニード喚起・提案まではスムーズだけれど、クロージングで断られて契約にならない。
 □面談数が多い割に契約数が少ない。
 □断り文句を言われると、どう返事したらいいのか分からない。
 □一度断られるとお客さまのところへいけなくなる。
 □断られるのが怖くてクロージングできない

 (解決する)→ http://hobigkondo.blog58.fc2.com/blog-entry-13.html
 

※保ビ研レポートR1H‐0073【断りに対する対応話法】を全文掲載しています。どうぞご利用下さい。
 → http://hobikenreport.blog110.fc2.com/blog-entry-67.html
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★「保ビ研メール」に関するご意見ご感想、その他お問合せは以下のアドレスへ
 mailto:info2@hobiken.co.jp
───────────────────────────────────
《発行》保険ビジネス研究所 TEL.050-7501-2718 (平日9:00-17:00)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

| 未分類 | 14時05分 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

http://hobiken17.blog21.fc2.com/tb.php/113-6455d2b2

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。