FC2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --時--分 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

【保ビ研メール】MMK-652号

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【保ビ研メール】MMK-652号 「保ビ研WEB」→ http://www.hobiken.co.jp
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
===保険セールスの支援サイト[保ビ研WEB]の総合案内メール===
[保ビ研WEB]の最新情報をお知らせしています

《お知らせ》
【保ビ研レポート】【保ビ研シート】【保ビ研エッセイ】がブログ上から、ダウンロードまたはコピーできるようになります。ご活用下さい。(※無料対象は「使用権A」のみです)

■【保ビ研レポート】
 → http://hobikenreport.blog110.fc2.com/blog-entry-18.html
■【保ビ研シート】
 → http://hobiken8.blog10.fc2.com/blog-entry-18.html
■【保ビ研エッセイ】
 → http://hobiken9.blog82.fc2.com/blog-entry-19.html
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●本日アップされる無料データ 

・【保ビ研レポート】

 「話法:ハンコ代としての終身保険をご検討下さい」R1J-0162
 → http://hobikenreport.blog110.fc2.com/blog-entry-150.html


このレポートでは「ハンコ代としての終身保険をご検討下さい」という話法例をご紹介しています。

相続税がかからないような普通の人の相続対策は、そんなに難しくて複雑なものではありません。相続税がかからない人の相続対策は、「税金対策」ではなくて、主に「もめない対策」です。つまり「それほど多くはない財産を、どう分けるか」「どう分けたら、みんなが仲良く幸せでいられるか」という対策ですから、税務署が相手ではなく、親族間(親と子)の問題です。ですから、テクニックはそれほど難しくはありません。ですが、こちらは「想い」や「気遣い」、「配慮」などといった、気持ち的なことが、とても大切になってきます。
「もめない対策」の第一歩は、まず、「本人(財産を残す人)が、どうしたいのか」を考えることです。


 「話法:ハンコ代としての終身保険をご検討下さい」R1J-0162の全文を読む
 → http://hobikenreport.blog110.fc2.com/blog-entry-150.html
 
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●Blog「ユーザーの声」情報 →< http://woodscare.blog69.fc2.com/ >

保障の必要性が書かれた【保ビ研シート】【保ビ研エッセイ】を実際に読まれた一般のお客さまの様々な「声」を掲載しています。

☆★☆ 記事の紹介 ☆★☆

 エッセイ「別口の1,000万円」E1A-0009
 → http://woodscare.blog69.fc2.com/blog-entry-23.html
 
●ユーザーの声[3]:(44才、女性、会社員の妻、契約社員、子供なし)

現在楽しく仕事をしていますが、収入は不安定です。時々、時給は安くても主婦向けのパートの仕事でも探そうか、と考えることがあります。そのたびに主人は「無理に働かなくても空いた時間は趣味や習い事に当てればいいよ」と言います。理解のある優しい夫ですが、このご主人と違うのは、自分がいなくなった後、私が自立していけるか考えていないことです。このエッセイを主人の目の触れる所に置いておこうかと考えました。(続きを読む)


※この【保ビ研エッセイ】は、下記より無料でダウンロードできます。どうぞご利用下さい。
 → http://hobiken9.blog82.fc2.com/blog-entry-10.html
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●Blog「毎日の保険セールスに役立つレポート紹介」情報
 →< http://hobigkondo.blog58.fc2.com/ >

保険ビジネス研究所のコンテンツである【保ビ研レポート】を「どんな方」が「どんなとき」に読めば、「どんな状態・悩み」を解決することができるのか、という視点でご紹介します。

☆★☆ 記事の紹介 ☆★☆

【トーク例:生命保険という金融商品】R1H‐0107
 → http://hobigkondo.blog58.fc2.com/blog-entry-76.html
 
●こんなことで悩むことはありませんか?
 □お客さまに生命保険の特徴や必要性を伝えるのが下手だ。
 □どんなときでも使えるアプローチトークがない。
 □生命保険とほかの金融商品との違いをうまく説明できない。
 □商品説明はできるけれど、生命保険自体の説明をしたことがない。

 (解決する)→ http://hobigkondo.blog58.fc2.com/blog-entry-76.html
 

※保ビ研レポートR1H‐0107【トーク例:生命保険という金融商品】を全文掲載しています。どうぞご利用下さい。
 → http://hobikenreport.blog110.fc2.com/blog-entry-101.html
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★「保ビ研メール」に関するご意見ご感想、その他お問合せは以下のアドレスへ
 mailto:info2@hobiken.co.jp
───────────────────────────────────
《発行》保険ビジネス研究所 TEL.050-7501-2718 (平日9:00-17:00)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

| 未分類 | 10時07分 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

http://hobiken17.blog21.fc2.com/tb.php/110-a701c293

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。